男女

親の生活が心配なら|介護付き有料老人ホームの探し方を解説

地域で助け合い

シニア男性

介護予防活動をします

介護予防・日常生活支援総合事業とは、介護保険法の一部改正により平成27年にスタートした事業です。この介護予防・日常生活支援総合事業の主体は市町村です。以前の制度は国の介護保険制度によって全国一律の基準が定められていましたが、新しい制度は各市町村によって定められます。そのため地域の実情に応じたサービス提供が可能になります。そして介護予防・日常生活支援総合事業に定められているサービス内容は、一般介護予防事業と介護予防・生活支援サービスに分けられます。一般介護予防とはまず基本チェックリストなどを用いて地域の65歳以上の高齢者の健康状態等を把握します。その上で介護予防に必要な知識の普及や、実際に介護予防活動を行うことで要介護状態になることを防ぐという目的があります。また介護予防・生活支援サービスは訪問型サービス・通所型サービス・生活支援サービス・介護予防マネジメントに分けられます。このサービスは要支援者と基本チェックリスト該当者が対象となります。この中には高齢者の安否確認や給食宅配なども含まれています。つまり以前の制度ではサービスの利用に結びつかなかった方へも、この介護予防・日常生活支援総合事業では必要なサービス提供が可能になってきています。そしてこの事業は市町村やNPO、ボランティア団体、さらに地域住民など多くの方たちの支え合いによって成り立っています。そのためお互いが連携を取りながら、誰もが生きがいを持って生活できる地域を作り上げていくことが大切です。